好きなもの 詰め合わせ

アドレナリン制御装置 ロック解除

「その瞬間」はもう来ない

 

ご無沙汰しております

ツイッターにおります↓

よもぎ (@yomogi_flavor) | Twitter

 

次の記事は、もう「6月まとめ」の記事でいいかな~と思っていたのですが、やっぱり今日のことはどうしても書いておかないとという義務感にかられまして。久しぶりにブログを書いています

まあ正直、〇最後にだけ、読んでもらえたら嬉しいです(笑)

 

 

 

6月25日。今日は東京も大阪も晴れていたようです

でも、1年前の大阪は、雨が降っていました。

 

テニミュのために、福岡まで飛行機で遠征をしたことはありました。氷帝立海

元推しさんのための遠征はしたことがありませんでした。しょぼいおたくです

 

大阪に、新幹線での、遠征はこの日が初めてでした

昼公演と夜公演のチケットを持っていて、夜公演に出すお手紙は、既に家で書き上げていました。揺れる新幹線の車内で、昼公演用の手紙を書いていました

初めての新大阪駅森ノ宮ピロティホールへの乗り換えを調べて、えっちらおっちら移動。途中で駅構内のお手洗いで身支度を済ませ、ナントカ線に乗り込んでほっと一息。

 

…傘をどこかに置き忘れたことに気がつきました。

会場最寄り駅にあるコンビニで、ビニール傘を買い、足元を濡らしながら、それっぽい集団に着いて行きました。

 

昼公演のチケットで中に入り、慣れた手つきで、2人分の手紙をプレボに入れました。わたしが元推しさんを推してた頃からの知り合いに、客席内で会い、数年ぶりに喋った。彼女はLDHのオタクになっていました。HiGH&LOW

 

この舞台は、圧倒的に上手側で観たかったので、昼も夜も上手でした。

残り2回の上手席で観た公演は、確かに楽しかったし、音響も格段に良いと思いました。でも、「これで終わりだ」とも思いました

 

公演のあと、適当なカフェで軽食を摂って、夜公演の手紙に少しだけ書き足しました。

書き足した部分だけ、写真で残していないので、ふわっとしか再現できません。

 

「夢のように楽しかった公演期間でした。とても感謝しています。

俳優さんへ感謝を伝える方法は、次のチケットを買うことだと分かっています。

でも、これで最後です。

短い間でしたが、本当にありがとうございました」

 

そして、6通目の手紙をプレボに入れました。主演の声優さんには公演期間中で10通目のお手紙を。

 

最後の公演を観て、それでも私の思いは変わりませんでした。これで終わり

舞台は私にとって、イレギュラー中のイレギュラー。

また2次元のオタクに戻ろう。夢ノ咲のアイドルと、本丸の男士たちが待っている

 

疲労MAXの中、ふらふらと夜行バス乗り場へ向かいました。4列シートでしたが、隣も女性で、多分10~15分ぐらいで寝付きました。途中で起きることもなく、次に目を開けたときには、職場の近くでした。

充分な睡眠時間は取れたので、むしろいつもより元気に仕事に行きました。エクストリーム出社です

 

 

これが私の6月25日の思い出です。あの日、私は確かに、「もう1人の俳優を追うのはやめておこう」と思っていたはずなんです。2次元のオタクとして、役・キャラクターのことは大好きでいるけれど、今さらはいゆう界隈に戻ってくるなんて…。

 

 

 

でも、気がついたら、1年後の私は、ここにいました。「こうなりたい」と思って、なったわけではありません。

「面白そう・楽しそう」だと思ったものに、全力で、一生懸命になっていました。短距離走のように、ただただ走って来ただけです。ペース配分なんて考えちゃいませんでした。

猪突猛進に駆け抜けた1年は、あまりにも大きなリターンがあって、そのリターンの大きさに戸惑ったこともありました。

次の1年。勢いだけではどうにもならないこともあるから、もう少し賢くなりたいですね。

 

 

〇最後に

「推そう!」と思った瞬間がありません。俗な言い方ですが、「雷に打たれたような」「恋に落ちる」そんな瞬間が無いまま、ここまでやってきました。

元推しのときにはあったんです。あの公演のこの瞬間、「あぁ、この人について行きたい」と思ったことがありました。

 

「その瞬間」がなくったって、充分楽しく応援していられたし、好きな公演・好きなシーン・好きな役・好きな台詞、沢山もらいました。何度でも思い出すぐらい、夢に見るぐらい、沢山、嬉しい気持ちにしてもらえました。

でも、やっぱり欲しかったなぁとも思います。だって、元推しの「その瞬間」のことは、何年経っても、昨日のことのように思い出せるし、思い出す度に、新鮮なきゅんきゅんした気持ちになれるんです。降りちゃったとしても。炎上しちゃったとしても。「その瞬間」の私は、間違いなく幸せでした。

 

好きな瞬間は沢山あったけれど、でも、それって、「推すキッカケ」の瞬間にはなれないんだよなぁ…と、ちょっと淋しい気持ちになる月曜日のお話でした。

 

他の方のはてなブログで、「推しとの出会い!」語りを読むと、「いいなぁ~!!(きらきら)」と思うので、これからも「推しとの出会い!」語りを読ませていただきたいです

 

ご清聴ありがとうございました

おわりです。